試験前日から当日への流れ

いよいよ試験の日程になりました。試験に持っていくものをチェックしたら、そのほかに気をつけるべきことです。

試験前日は早く寝よう

試験前日の徹夜は避けましょう。とある匿名掲示板で、前日に「今から徹夜して勉強がんばるぞーっ!!」て言っていた人が、当日にうたた寝をして寝過ごしたって言っている笑えない話を見たことがあります。

悔やんでも悔やみきれないですよね。

それにちゃんと受験できたとしても、眠い目をこすりながら、長丁場の試験を受けるのは大変です。実技試験は午後からなので、集中力を持続させるのは大変です。計画的に勉強をして、試験当日は全力を発揮できるようにしっかり睡眠はとり、体調を整えましょう。

もし、前日になっても受かる自信がもてなかったら…!

私がやったことあるのは超早起きです。日商簿記3級試験を独学受験したときですが、あまりに勉強時間が取れなくて前日の段階では全然理解できていませんでした。そこでAM2:00に起きて勉強、そのまま試験直前まで勉強して見事合格できた経験があります。

ただ日商簿記試験は午前中だけの試験です。同じことはFP試験ではお勧めできないのですが…。

当日の食事の用意

FP2級試験は学科・実技を受験すると午後までかかります。当然、お昼ご飯を途中で食べることになるのですが、あらかじめおにぎりなどの準備をしておくのをお勧めします。

というのも、試験場近くに食べるところがあるかわかりませんし、受験生がなだれ込むことも予想されます。食べる場所を探してあわてないように、先に準備しておきましょう。3級の時に経験済みかもしれませんがね。

答え合わせ

試験当日の夕方にはこちらのページで模範解答が発表されます。回線が込み合うことも予想されますが、時間を置いてアクセスしましょう。

そのためには自分の回答を持ち帰ることです。問題用紙の端っこにでも、自分の書いた答えを書き写しておきましょう。

さて…結果は?あなたに笑顔が訪れるように願います!

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

コメントなし