AFPとFP2級の違い

FP2級を受験しようとしているあなたですが、きっとAFPという言葉をどこかで聞いた事かと思います。AFPとFP2級の違いについて説明します。

2つあるファイナンシャルプランナーの団体

ファイナンシャルプランナーの資格といたしまして、取り仕切っているのは金融財政事情研究会と、日本ファイナンシャルプランナーズ協会という2つの団体があります。現在、国家資格は金融財政事情研究会が、民間資格は日本ファイナンシャルプランナーズ協会で扱っています。

FP2級というのは国家資格、AFPというのは民間資格の事です。

今は国家資格もあるファイナンシャルプランナー資格ですが、もともとは民間資格だけでした。歴史が長いのは民間資格である、AFPとCFPのほうです。そして国家資格のFP技能士検定は2002年より始まりました。

そこで救済措置として、今までのAFP取得者に対して、ファイナンシャルプランニング技能士2級も名乗っても良いことになりました。民間資格のAFPと、国家資格の2級が同等であると判断されたのです。

これは今でも引き継がれていて、AFP資格取得者はFP技能士2級も名乗る事ができます。

2級取得者は

ところが反対に、2級を取得してもAFPを名乗る事はできません。これはなぜかと言いますと、資格試験自体の難易度は同等なのですが、AFPは試験合格とともに認定講座の受講と提案書の提出が合格要件になるからです。

ですので、資格の難易度で言いますとAFP≧2級となります。

講習を受けなければならないため、AFPは独学では絶対になる事はできません。資格学校や通信教育を受講する事が必須となります。AFPを目指したいのなら、このサイトは不向きとなりますね。

もしあなたが試験合格後にAFPを名乗りたいなら、認定講座を受けて提案書を提出すればAFPになることもできます。この場合は提案書の審査だけで、試験は受けずにAFPになれますので、まるっきりの遠回りではないので安心です。

AFPと2級のメリット・デメリット

微妙に性格の異なる二つの資格ですが、受験にあたってそれぞれにメリット・デメリットがあります。

2級のメリット

  • 一度合格すれば費用がかからない
  • もう何も勉強しなくても資格を剥奪される事もない
  • 独学で受験できるので費用が安い

2級のデメリット

  • 何年も前に取得していると、知識が古くなっている可能性がある
  • 3級を持っているか、実務経験がないと受験できない

AFPのメリット

  • 2級より格上と見られる事がある(基本的に同格と見られます)
  • 3級を持っていなくても受験可能
  • 講座を受けられるので勉強がしやすい
  • 合格後も勉強するので、知識がさび付かない

AFPのデメリット

  • 認定講座を受講しないといけないため費用がかかる
  • 合格後も毎月の会員費用が必要
  • 合格後の継続テストの結果が悪いと資格を剥奪されることもある

まとめますと、FP2級は安く済ませられる、AFPは必然的に知識が新鮮ということです。しかしFP2級も合格後も勉強すればいいわけですから、本人次第ではデメリットが無くなります。

おすすめはFP2級のほうですね。安く済みますし、今後の縛りも少ないですから。というか、このサイト自体がFP2級を独学合格するのが目的ですからね(笑)

こちらのFP試験制度について(姉妹サイト。別ウインドウで開きます)もご参考に。

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

なるほど~
とってもわかりやすく解説して下さって、
本当にありがとうございます(*⌒∇⌒*)♪

AFPは資格維持にお金がかかる!!ということを知りませんでした。
単純に通信教育→2級+AFP取得→挙両得と考えていたので。これなら独学で2級取得を目指そうと思います。
これからもかねなし父さんのサイトを参考にさせていただきますね。