5つもある実技試験の科目

FP3級の時は2種類から選んだ実技試験ですが、なんと2級では5種類もあります。どれを選ぶかで、勉強方法に差がつく大切なポイントです。そしてこのサイトではある科目を推奨します。

国家資格FP2級は4科目の中から

資産設計提案業務は、日本FP協会主催の実技問題なので、あなたが受けようとしている、国家資格のFP2級受験の際には下の4科目から選ぶことになります。

  • 個人資産相談業務
  • 中小事業主資産相談業務
  • 生保顧客資産相談業務
  • 損保顧客資産相談業務

さて、どれを選んだらいいのでしょうか。

個人資産相談業務を選ぶ

だいたいサイト右上のヘッダ画像の合格証にも書いてありますよね(笑)私は個人資産相談業務を選び、同じものをあなたにもおすすめします。なぜか…!

それは3級の時には絶対やるなと言った、捨て科目が2級攻略のポイントになるからです。ここでちょっと秘密のネタが出ましたね。2級では全部を覚えようなんて思わないほうが、合格への近道になります。

それと通期にわたって受験できるのもポイントです。

個人資産相談業務は、家庭への一般的なライフプランニングが出題されます。3級からの引き続き科目なので、言語の理解も進んでいる事だと思います。

中小事業主資産相談業務は法人相手のプランニングです。なれない言葉が飛び交い理解しづらいことでしょう。試験が9月と1月の年2回しかないのもハンデとなります。

生保顧客資産相談業務も通期にわたって年に3回試験があります。あなたが3級のときに保険顧客資産相談業務をパスしてたり、保険になじみが深い職業だったりするのならこれで受けるのもありだと思います。

損保顧客資産相談業務は実技試験が9月の年1回しか行われません。合格率も低めなので、これを選ぶのはおすすめできません。

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

[...] さて、実技試験は5つもある実技試験の科目でお伝えしたように個人資産相談業務を選びましたでしょうか?問題集も独学一発合格のためのおすすめテキスト、参考書で紹介した、きんざ [...]

資産設計提案業務は、日本FP協会主催の実技問題なので、あなたが受けようとしている、国家資格のFP2級受験の際には下の4科目から選ぶことになります。

とありますが、日本FP協会の二級試験においては国家資格を得ることは出来ないのでしょうか?

苗さん、日本FP協会の試験は民間資格なので、国家資格としては得られません。
しかし突き詰めれば、FPの国家資格というのは名称独占資格なので、合格しても2級を名乗れるというだけのことです。
同等以上を名乗ることのできるAFPがあるなら問題は無いですよ。
両方持っているなら、普通はAFPを使いますしね。
ただ、独学では取得はできません。