実技勉強に取りかかる

学科問題集1周目が終わったら、次は実技に取り掛かります。学科2周目より先に、実技にいくのがポイントです。

実技を学習すると見えてくるもの

さて、実技試験は5つもある実技試験の科目でお伝えしたように個人資産相談業務を選びましたでしょうか?問題集も独学一発合格のためのおすすめテキスト、参考書で紹介した、きんざいのパーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編(個人資産相談業務)を選んだでしょうか?

それではその問題集を使って学習します。問題を読んで、答えを考えながら解答と解説を読んでいきます。解答と解説を読むのに重点を置いてください。くれぐれも自分で考えた答えが合っていても、解説を飛ばしたりはしないように注意してください。

実技の問題集は学科と比べて薄いですし、ページに占める図形の割合も多いので割とスピーディーに一冊終わる事かと思います。

思ったよりできなくても、まだ一周目ですから心配しないでください。試験当日までに6割できれば合格なんですから。やってみると実技の問題は、割ととっつきやすくないですか?これは個人資産相談業務に絞られた問題ですからね。不動産の有効活用のあたりで少し事業っぽい事は出てきますが、後は個人のものばかりですよね。

それに気がつくことが実技一周目の狙いです。それだけで実技の一週目はOKです。

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

債券の、利回り計算とかめっちゃ難しくて
覚え切れるか不安なんですが
こういうのも
しっかりマスターすべきでしょうか?

利回り計算は、まず出ると思いますよ。
しっかり押さえておきたいところです。

いつもありがとうございます。
またひとつご教示願います。

きんざいの実技問題集に取り掛かっているところですが
P20~21(初めの方)に「税額計算の速算表等」の記載があります。
すべて丸暗記が必要でしょうか?
それとも実際のテストでは記載があってそれを見て回答すればよくて
暗記の必要はないのでしょうか?

申し訳ありませんが今の問題集がなくて、どんな内容か把握できていません。
ただ試験の時は、税率など表は毎回参考資料として掲載されているので、おぼえる必要はありませんよ。

ありがとうございます。
過去問見てみたら確かにそうなってますね。
助かりました(笑)。

まぐれあたりで2級の学科が受かりました。実技は5点足りず不合格でしたが9月に受けようと思います。お恥ずかしい話、学科の知識もいい加減ですが、9月の試験対策は実技の過去問だけでよろしいでしょうか?それとも学科の勉強もした方がよろしいでしょうか?

学科は合格しているというのなら、点数を取るための勉強ではなく、地力を上げるための勉強が良いと思います。

そのためには、実技試験で何ができなかったかを検証し、もう一度その点をゆっくり取り組むといいのではと思います。