過去問を解こう

問題集を繰り返し実力がついてきたところで仕上げの段階に入っていきます。過去のFP2級試験に出題された問題を解いてみましょう。

あなたの現在の本当の実力を知ることができます。

過去問こそ最高のテキスト

過去問をやりましょうと言いますが、過去問題集は買う必要ありませんFP2級試験の過去問はこちらのページにあります。数年前までさかのぼって見ることができます。便利な世の中になったものです。

過去問こそが最高の問題集です。出題パターンを知ることができますし、何年分も解いてくうちに、飛躍的に実力がついていくのを実感できることでしょう。

「それじゃあ、テキストや問題集は買わないほうが良いんじゃないか」って思うかもしれませんが、残念ながら過去問には解説はありません。正解だけしかわからないため、独学者にはなぜ間違えたかを調べることができません。

一部の天才を除いて、過去問だけでは合格できないことでしょう。

合格への実力をつけるプロセス

間違えた問題については、テキストか問題集の解説を読んで調べます。このプロセスが実力をつけるための大切なポイントです。過去試験をやって点数を見るのだけが目的ではないことを認識しましょう。

過去問に関しては、自信を持って正解した答えについては調べる必要はありません。「これと迷うけどこっちかな?」って感じの正解だったものについては確認しましょう。

予想外に点数が低くても大丈夫!試験当日までに合格する実力がつけばいいのですからね。

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

コメントなし