過去問に取り組む上での二つの注意点

過去問による学習は基本的にどの年度からはじめても良いのですが、注意点が二つだけあります。

二つの注意点

一つ目は、古い年度は法改正の影響を受けている可能性があるということです。自信満々に答えたのに違っている場合、出題時期より後に法律の変更があった場合があります。

テキストなどで「なんだ~。やっぱり今ならこっちであってる」って確かめられたとき、思わず( ̄ー ̄)フフンと勝ち誇った気持ちになること請け合いです。

二つ目は直近の試験は後回しにすることです。これは法改正の影響をほとんど受けてない、一番最近の試験を模擬試験として使うためです。

試験前になって十分実力がついたと思ったときに、直近の過去試験をやってみてください。そこで合格できたのなら、今のあなたの実力なら前回受験をしていれば合格できたという証明になり自信をつけることができますよね。

逆にもしそこで落ちてしまったのなら、今のままではやばいということがわかります。最後の追い込み勉強をがんばりましょう。

« | »

コメント & トラックバック

この記事はコメントもトラックバックもできません

初めまして。今日、FP2級の合否発表でしたが合格できませんでした。FPのサイトをみていたら、このサイトを見つけました。学校に通う時間もないので、できれば独学でがんばろうと思っています。
9月では、必ず合格できるようにがんばります。今から、問題集も購入しようと思っています。

はじめまして。
問題集はもう買ってしまいましたか?

もうすぐ年度が変わった新版が出ますので、ちょっと待ってみるのも手だと思います。