株の損は決まっている

株で損をして、借金がすごい人とかって話を聞いた事があるかもしれない。株で損をするときは、ものすごくたくさんのお金を無くしてしまうんだろうか?

そんなことはないんだよ。株で損する一番大きい金額は、株に払ったお金の分だけだ。

株主の責任は株を買ったお金の分だけ

株を買った会社が、お客さんが全然来なくて倒産することになった。この場合は、株を持っていても何の役にも立たなくなり、お金も返ってこない。

だけど会社がいくら借金していても、株主はその借金を代わりに返したりする必要はないんだ。だから株主の損失は、もう返ってこなくなった株を買ったときのお金だけなんだよ。

だから株を始めても、いくらでもお金が取られるんじゃないかって心配はしなくていいんだよ。

例えば100万円準備して始めたら、最悪で100万円無くなることはあるけども、それ以上減ることはないんだよ。10万円で始めたら10万円だし、5000円で始めたら5000円だけしか無くさなくて済むんだよ。

テレビで株で破産してた

映画やドラマで、株で破産した!3億円も借金が残った!って話を見たり聞いたりした事があるかもね。だけどそれは、「借金をして株を買ったから」なんだよ。

3億円借りて、3億円分の株を買ったとするよね。それでその会社が倒産したら、さっき話したとおり3億円分の株は役に立たなくなって、お金は返してもらえなくなる。これはそうだよね。

だけど、3億円を借りた人には返さなくちゃならない。株と借金は別の話だものね。これが例えば株じゃなくて、立派な家を建てて3億円使ったとしても、もちろん返さなくちゃいけないことはわかるよね。

3億円を株で無くしたのと、借金を返すのは別の話なんだ。借金をせずに、自分で3億円準備して株を買った人が失敗しても、3億円が無くなるだけで借金は何もない。借金が残るのは、あくまで借金して買った人だけだ。

だから怖いのは株じゃなくて、借金なんだよ。

家訓「借金で株は買うな」

今から言う事はすごく大事だから絶対に覚えておいてね。

「自分の持っている以上のお金で株を買うな」

父さんの子だから絶対に破産させたくない。今は難しくてわからないと思うけど、信用取引、レバレッジなんて言葉が出てきた時に思い出して欲しい。自分の持っている以上のお金で投資をして失敗すると、二度と立ち直れなくなる。その時点で人生が終わる。

他の人がそれで成功して、ムチャクチャ儲けてるのを見るかもしれないけど、絶対に自分はマネをしちゃいけない。

投資っていうのは長くこつこつとやるものだ。近道をしようとすると、冗談じゃなく死ぬことになる。借金さえしなければ、損する金額は自分でコントロールできるからね。

実際にはそんな簡単に無くならないけど、株っていうのは全部無くしてもいいやってお金だけでやるんだよ。覚えておいてね。